News
最新信息
2023.11.08

EDAUME ART+KOGEI 2023

EDAUME ART+KOGEI 2023

EDAUMEは明治40年創業で、旧長崎街道沿いの佐賀城下に残った唯一の醸造所であった旧枝梅酒造の建物をリニューアルし、ギャラリーやアーティスト・イン・レジデンスになっている場所で、展覧会を開催する。参加アーティストは、工芸展の参加作家は、前半が黒木由美(陶芸)、津村光璃(染色)、白浜遼(漆)、後半が辻拓眞(陶芸)、増本瑶子(染色)、姜博厳(漆)。現代アート展の参加アーティストは岩崎千万理、田中壮一、松尾匠。EDAUMEは佐賀市とNPO法人まちの根太の運営。

2023年11月3日(金)ー2023年12月3日(日) 
10:00〜20:00

【西の蔵 若手現代アーティスト展】
会期:11/8—12/3
 田中壮一、岩崎千万理、松尾匠

【東の蔵 若手工芸アーティスト展 えだ×わざ】
会期:前半 11/8—22、後半 11/28—12/3
 前半:黒木由美、津村光璃、白浜遼
 後半:辻拓眞、増本瑶子、姜博厳

【まちの休憩所】
会期:11/8—12/3
 ・障がい者アート展 – ゆうきのつばさ、PICFA
 ・ONE有明物産展
 ・作品販売、工芸品・グッズ販売

会場:旧枝梅酒造「EDAUME」 
〒840-0854 佐賀県佐賀市八戸1丁目2
https://edaume.jimdofree.com/

アーティストプロフィール

【西の蔵 若手現代アーティスト展】

岩崎千万理 Iwasaki Chimari  
1998年福岡県生まれ。
2020年佐賀大学芸術地域デザイン学部卒業。
熊本県の祖父母宅を自力で改装後、京都府に拠点を移し、現在はインストーラーとして活動している。
主な展覧会に、『洞』(2018)、『熱 Art Exhibition NETSU”』(2020)、『環ジョウ交さ点』(2020)。

松尾匠 Matsuo Takumi 
1999 福岡県生まれ 
2021 佐賀大学芸術地域デザイン学部日本画専攻卒業 
2023 佐賀大学大学院地域デザイン研究科修了
主な展覧会 
2018 「パラリアル」佐賀市 川崎ビルF2 
2019 「第61回総合展 Welcome In My Backyard」佐賀市高取ビルF3/玉屋ビルF1 
2020 「さようなら/こんにちは」佐賀大学芸術地域デザイン学部3号館日本画専攻室     
「SMAART2020 美術と社会の時間」佐賀大学美術館2階小展示室 
2021 「ある壁にて」佐賀大学芸術地域デザイン学部3号館入口左手 
2022 「部屋が明るい」佐賀大学芸術地域デザイン学部2号館NIGOUKAN GALLERY

田中壮一 Tanaka Soichi
1996   福岡県出身
2020.03 国立佐賀大学芸術地域デザイン学部卒業
2022.03 国立佐賀大学院地域デザイン科修了
2022.04 安藤造園土木株式会社入社
2020.03 九州芸文館アーティストインレジデンス
2020.10 グループ企画展 熱展
2021.02 グループ企画展 浮・不動展
2022.11 グループ企画展 Cha-Cha-Cha 展
2023.02 枝梅酒造Gallery NOMA 個展

【障がい者アート展】

ゆうきのつばさ
ゆうきのつばさプロジェクトでは、障がいの有無などに関わらず、すべての人がその人らしく活き活きと、命を輝かせて生きる「インクルージョン社会」を目指し、ファッションショーやステージパフォーマンス、アート展 などを開催。さまざまな交流を通じて相互理解を深め、ありのままを認め合う大切さを発信しています。

PICFA
PICFA は、三百五十年続く、医療法人 清明会 きやま鹿毛病院内に2017年7月に障がい福祉サービス事業所としてオープン。「PICFA(ピクファ)」は、Picture(絵画)+Welfare(福祉)からとった造語です。PICFAの活動は、アート作品の創作活動を「仕事」として位置付け、絵画制作・販売、デザイン・イラストの提供、壁画、数多くのライブペイント等を行い、官公庁はもとより、多くの企業とタイアップをして商品デザインの制作やグッズの制作販売を行っています。

返回列表